愛媛県の過去の地震

地震 愛媛 県

土砂災害の場合は、土地の危険性についてあらかじめ知っておくことがもっとも重要なポイントになります。 (PDF 3. 2001年 芸予地震 地震の概要 2001年3月24日午後3時27分、広島県瀬戸内海沿岸を震源とするマグニチュード6. 愛媛県に被害を及ぼす地震は、主に瀬戸内海の西部や豊後水道のやや深い場所で発生する地震と、南海トラフ沿いで発生する地震と、陸域の浅い場所で発生する地震です。 代表的なのは揺れを抑える対策です。

津波の高さ、到達時間 海溝型の地震でもっとも顕著となるのは津波による被害です。

【愛媛県】3分でわかる過去の大地震「芸予地震・昭和南海地震・安政南海地震」

地震 愛媛 県

(2)被害の特徴を詳細に把握する点で、500mメッシュを基本単位として被害想定を実施。 広島県河内町と大崎町、それに熊野町で震度6弱の激しい揺れを観測したほか、 愛媛県今治市・松山市・丹原町・波方町・大西町・菊間町・吉海町・弓削町・生名村・岩城村・上浦町・大三島町・久万町・松前町・砥部町・三瓶町・宇和町・吉田町で震度5強の強い揺れを観測しました。 3 前提条件• 南海トラフは東海エリア・東南海エリアと、南海エリアが別々に連動して起こることが多く、1854年12月23日には 安政東海地震(マグニチュード8. 内陸の活断層帯の将来の地震発生の可能性についての評価• この状況を踏まえ、本県では、県内判定士や、全国の応援判定士の指揮・指導にあたる、判定コーディネーター(県・市町職員)を養成するための講習会を、平成28年度から毎年実施しているところであり、 今年度の講習会を次のとおり開催することとする。

20
日向灘のプレート間地震は、マグニチュード7. 長期評価等• 1 愛媛県では陸域での浅い場所で起こった地震はそれほど多くはなく、代表的なのは1916年の 愛媛県東部(マグニチュード5. また、松山市内で液状化現象も発生したほか、松山市立湯築小学校の校舎にも大きな被害が出ました。 (7)危険物施設と輸送及び原子力発電所の想定• 0)が発生。

愛媛県で気をつけるべき災害とは 愛媛県における災害の特徴と対策方法

地震 愛媛 県

県内の松山平野や新居浜平野で液状化の発生が予想されており、松山平野と新居浜平野の両地域で液状化危険度の極めて高い地域が分布しています。 (3)災害シナリオの作成や想定結果データのデータベース化により、県民の普及啓発や継続的な防災事業推進に役立つものとした。

10
仁淀川町 熊本県• 活断層調査 【中央構造線断層帯】• 愛媛県でも、多くの土砂災害が発生し、甚大な被害が起きています。

愛媛県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

地震 愛媛 県

5 ひとまわり小さいプレート間地震 1931年:マグニチュード7. 地域防災計画や地震被害想定調査報告書などを閲覧できます。

また、長期評価の結果と津波レシピをもとに、津波評価を進めています。 愛媛県を襲った大地震を知っていますか?愛媛県は過去に何度も大地震によって大きな被害が出てきました。

愛媛県で気をつけるべき災害とは 愛媛県における災害の特徴と対策方法

地震 愛媛 県

7)では、全体で犠牲者2名(愛媛県で1名)、負傷者261名(高知県で75名)となっています。 また四国には「中央構造線断層帯」と呼ばれる国内最大級の活断層もあります。 田布施町• (2)冬の夕方及び深夜に発生。

黒潮町• 高知市• また佐多岬から南の沿岸部の市町村は「」に指定されています。 津波による人的被害、建物被害 愛媛県の津波被害は、南海地域を波源とする地震がもっとも多いと予測されています。

【愛媛県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は? │ 防災の種

地震 愛媛 県

参照元:内閣府「防災情報のページ」 津波 東日本大震災の時の津波が押し寄せてくる映像は記憶に鮮明に残っていると思いますが、内閣府によれば 南海トラフ地震が起きた時に東日本大震災並の津波が愛媛県に押し寄せると予想されています。

四万十町• 平成10年9月豪雨災害(死者・行方不明者8人、家屋全半壊54棟、家屋浸水17,000棟) 平成30年7月豪雨災害(死者・行方不明者3人、家屋全半壊120棟、家屋浸水370棟) 愛媛県における土砂災害 毎年発生する自然災害の中で、死者や行方不明者が発生する割合がもっとも高いのは、実は土砂災害です。