【納品事例】 カール・ハンセン&サン ダイニングテーブル Yチェア

テーブル カール ハンセン

5)そのほか不適切な取り扱いおよびお客様の不注意により生じた故障、破損。

11
CH327テーブルは、「ディテールと優れた職人技巧」にフォーカスしデザインされたもので、「偉大なるデザイナーの斬新なビジョンを実現するためには、優れた職人技巧がいかに不可欠であるか」を証明した作品と言えます。 デンマーク家具デザインを世界に知らしめるのにもサレスコは大きな役割を果たしていく。

カールハンセン&サン/CARLHANSEN&SON

テーブル カール ハンセン

本日は家具をご購入頂いたY様邸のご紹介です。

当時、伝統的な家具職人ギルド展を先導していた著名なコペンハーゲンの家具職人だったフリッツ・ヘニングセンは、デザイナーの肩書きを嫌ったが、家具デザイナーとしても優れた才能を発揮していた。 ビーチ材の無垢な風合いを生かしたオイル仕上げです。

CH411 PETER'S TABLE(ピーターズ テーブル) / Carl Hansen & Son(カールハンセン&サン) / Hans J. Wegner(ハンス J.ウェグナー)

テーブル カール ハンセン

無垢材の質感を十分に生かした、シンプルで優雅なCH008は、ラウンジチェアをはじめ、ウェグナーの名作椅子との併用に適したテーブルです。

7
そして興味深いのが今でも『家族経営』だという事。

飛騨高山のテーブルとカールハンセンのチェアで素敵なダイニング空間に

テーブル カール ハンセン

天板は、オーク材の柾目といわれる直線的な木目の板を使用しています。

1
両サイドに横巾49cmの伸長板を搭載した伸長式で、最大188cmまで伸ばすことが出来ます。

CARL HANSEN&SO/カールハンセン&サン ダイニングテーブル『CH002』オーク材・オイル仕上げ

テーブル カール ハンセン

オイル仕上げ 植物性のオイルは体に無害で、家具の表面に塗膜をつくることなく、木本来の性質をそこなうことなく仕上げる「オイル仕上げ」は、日常ではぬるま湯を軽く含ませ湿らせた、柔らかい布で拭くだけのお手入れで済みます。 アイヴィン・コル・クリステンセン社で作られたオリジナル品は、現在ではコレクターズアイテムとして高額で取引されている。 コルの計画は、ケアホルムの家具をパーツごとに専門の下請け業者に作らせ、それを倉庫で組み立てるというものであった。

6
我が家でもYチェアとCH88を使っていますが、おすすめのチェアです! テーブルとしての存在感もありつつ、チェアが引き立つテーブルだと思いませんか。

カール・ハンセン&サンジャパン ウェブサイト

テーブル カール ハンセン

背に施された埋木の形状、美しく二重に貼られたペーパーコード。 都会の住空間に求めらるニーズにウェグナーが応えたデザインです。 これを繰り返す事で、汚れに強くなっていくのです。

サレスコは、1950年から60年代にかけてウェグナーの家具を独占的に国内外に販売。

CARL HANSEN&SO/カールハンセン&サン ダイニングテーブル『CH002』オーク材・オイル仕上げ

テーブル カール ハンセン

ご使用の上で見逃しがちな大切な部分もありますので、何卒お読み下さいませ。 Yチェアは発売以来、何十万脚も生産され今日も世界中で愛されている。

17
このイスは今でも当時の新鮮さを失うことなく残っており、復刻の足がかりとなりました。 小さな子供が大きく成長する過程でも傷を消しながら長く使用でき、まさに世代を超えて愛用できる製品なのです。

カールハンセン&サン/CARLHANSEN&SON

テーブル カール ハンセン

簡単な道のりではなかったとは思いますが、ブランドとしての知名度と価値をかなり引き上げたエリックハンセン社長。

また天板の両端にヒンジで固定された伸長板は、必要な時に簡単にセットが可能です。

CARL HANSEN&SO/カールハンセン&サン ダイニングテーブル『CH002』オーク材・オイル仕上げ

テーブル カール ハンセン

今回は、田原市のご新築のお宅にダイニングの家具をお届けしてきましたのでご紹介します。 「BM1160 ハンティングテーブル」は、卓越した木工加工の美しさと、印象的な真鍮の支柱が特徴的なオーガニックな野性味が全体を包む印象。 , ,• シミや汚れは「ラッカーシンナー」等でまずは綺麗に、それでも除去できな場合は400番手のサンディングペーパーで軽く研磨するとほとんどの汚れは除去できます。

4
関連記事一覧. 当時スチールと木のコンビネーションにとても高い関心を持っていたウェグナーが「H55」として他社用にデザインしましたがプロトタイプが発表されただけで、生産されることはありませんでした。