2020年6月11日 消費税リバースチャージの意図 : 税理士法人タカノ・高野伊久男公認会計士事務所 | 横浜・税理士

チャージ 方式 リバース

平成27年9月7日に国税庁から発表された登録国外事業者名簿はです。

12
しかし、Facebook広告は、広告配信というサービスの性質から、事業者向けに該当すると判断されたようです。

リバースチャージ方式①趣旨~概要

チャージ 方式 リバース

1.Google Adwords 広告は2019年4月から消費税がかかる 実は、2019年3月31日までは、Google Adwords(グーグルアドワーズ) 広告費の支払先は、Google Asia Pacific Pte. 顧客に、クラウド上のソフトウエアやデータベースを利用させるサービス• しかし、平成27年に消費税法が改正され、電子書籍・音楽・広告の配信などの電気通信回線 インターネット等 を介して行われる役務の提供(電気通信利用役務の提供)の消費税の課税対象となる国内取引に該当するか否かの判定基準が、役務の提供を行う者の事務所等の所在地から「役務の提供を受ける者の住所地等」 に変更されました。

20
電子通信利用役務の提供とは、電子書籍・音楽・広告の配信などの電気通信回線(インターネット等)を介して行われる役務の提供を言います(役務の提供とは、簡単に言うとサービスの販売ってことです)。 国税庁長官は登録国外事業者の名称等を、インターネットを通じて公表しています。

リバースチャージ方式とは?消費税法改正で課税方式が変わった!

チャージ 方式 リバース

まだ リバースチャージ方式が適用されてからそれ程の期間が経っていませんし、通常そこまで頻繁にお目にかかるような取引ではないからです。

4
以前は、Yahoo! この計算方法を「簡易課税制度」といいます。 1.請求書により確認する方法 該当事業者は、請求書に登録国外事業者であることの記載が義務付けられています。

2020年6月11日 消費税リバースチャージの意図 : 税理士法人タカノ・高野伊久男公認会計士事務所 | 横浜・税理士

チャージ 方式 リバース

上記の例の場合、10,000円を算入します。

5
上記のようなことが背景となり、電子通信利用役務の提供について、国内取引又は国外取引の判定は役務の提供を受ける者の住所で判定することになりました。 もし上記の 国外事業者申告納税方式を採用していたとすると、海外の事業者には日本のについて詳しい税理士がついているわけでもないため、意図せず納付漏れとなるケースが多数発生していたはずです。

リバースチャージ方式の会計、税務の処理

チャージ 方式 リバース

消費税法が成立した1988年は、まだインターネットがなかったため、海外から日本国内の事業者などが、電子書籍や音楽、広告などを購入・消費するなんて想像もつかなかったためだと思います。 特定役務の提供(リバースチャージ方式が適用される) ・国外タレントに出演報酬を支払う行為 ・国外スポーツ選手に契約料を支払う行為 ・国外演奏者にコンサートの出演料を支払う行為 事業者向け電気通信利用役務の提供に 似ているが異なる取引(リバースチャージ方式が適用されない) 下記のように、サービスを受ける者が 通常事業者に限定されず、広く提供されるようなものであれば、 事業者に対するものであっても事業者向け電気通信利用役務の提供には該当せず、 リバースチャージ方式は適用されません。 この点については、当分の間、その国外事業者に該当する提供事業者が「登録国外事業者」であるかどうかで以下のように取り扱いが異なります。

リバース・チャージ方式により消費税が課税される取引は、大きくニつに分類することができます。 リバース・チャージ方式が導入されるまで、モノやサービスの売り手側の事業者が消費税を預かり申告・納税する仕組みになっていました。

Google Adwords(アドワーズ)とFacebook広告に消費税はかかる?

チャージ 方式 リバース

消費税法上の「非居者」とは、通常は外為法上の非居住者を参照するのですが、この「国外事業者」という用語は、所得税法上および法人税法上の概念を参照しています。 ただし、この消費者向けサービスを受けた際に仕入税額控除の対象となるのは、サービス提供者が国税庁に登録の届け出をした登録国外事業者の場合に限定されます。

1
国外事業者申告納税方式 と比較してざっくりと 確認していきましょう。

消費税のリバースチャージ方式とは??

チャージ 方式 リバース

この結果、提供事業者が自身で消費税の申告納付を行うことが求められます。

1
これを国外事業者申告納税方式と呼びます。 7.まとめ、今後の改正にも注意 Google AdwordsとFacebook広告の消費税処理について解説してきました。