中国の高級車が日本上陸! 中国版「センチュリー」発売で日本市場への影響はどうなる?(くるまのニュース)

車 中国 高級

いうまでもなく、どの国の在日外国人よりも大きな数字です。

2
日本ではトヨタ・センチュリーに相当しますが、紅旗H9はそれ以上の皇室御用達、いやそれ以上の格付けでありましょう だから、第一汽車のホームページでも載っていないため、H9モデルのスペックは確認できません。

【独自】中国の最高級車「紅旗」日本初上陸! 自動車史に残る動きを独自取材!(くるまのニュース)

車 中国 高級

また、今回日本に上陸する紅旗(ホンチー)は、EVやハイブリッドではなく、 ガソリン車であるということです。 南米などの発展途上国で一定の人気があるメーカーとなっています。 。

3

「中国の高級車が日本で売れるのか?」悠太郎Mのブログ | 夢の2台持ち

車 中国 高級

最近になって、トヨタのHVなども「電動車」「排気ガス対策車」と認めるようになりました。 価格にもよると思いますが、故障した時のサービス体制や部品の在庫などが一番のポイントじゃないでしょうか。 写真は、最初の3台。

また、1977年と1981年には 「トヨタかんばん方式」の生みの親、大野耐一氏から直接指導を受けています。

【独自】中国の最高級車「紅旗」日本初上陸! 自動車史に残る動きを独自取材!(くるまのニュース)

車 中国 高級

発売以来、中国全土から注文が殺到! 日本での輸入販売元によれば、2020年8月に発売された紅旗 H9は中国で大変な人気を誇っており、現時点でオーダーした場合、メーカーから販売店に到着するまではかなりの時間がかかるとのことです。 昨今、ロケットなどでも民生品半導体を利用することが進んでいますが、民生品であっても十分な耐久性のある部品であることが重要です。

現在でも外資系メーカーの力は強く、中国国内の独立したメーカーというよりは外資系メーカーとの合弁会社のメーカーのシェアが大きい状態です。 それに比較して、トヨタ・センチュリーはハイブリッドで、ガソリンエンジン5リッターV型8気筒381馬力、モーターが224馬力、システム最高出力は431馬力。

「中国の高級車が日本で売れるのか?」悠太郎Mのブログ | 夢の2台持ち

車 中国 高級

紅旗は、毛沢東によって1953年に設立された中国最初の自動車会社「第一汽車」の高級車ブランドです。 価格は30万~38万元(約454~575万円)。 トヨタとの関係も深く、トヨタ車をベースにした高級車を販売したりもし、中国国民にとって紅旗のクルマは単に「高額なクルマ」ではなく、トヨタ「センチュリー」のように購入時に審査があるなどの条件があることや、Lシリーズは政府高官車として採用されることが多いのが特徴です。

14
米国では月曜日に製造した車と、金曜日に製造した車とでは、出来が全く違うので」 と言っていた記憶がある。 伝統と風格のLシリーズに、新能源車も揃える新たな製品群であるHシリーズ。

【独自】中国の最高級車「紅旗」日本初上陸! 自動車史に残る動きを独自取材!(くるまのニュース)

車 中国 高級

でも、中国の誇りであることに間違いないでしょう。 電気自動車の主要部品であるバッテリーを製造しているメーカーも中国国内には多いため、EV化が進むということは増々中国の車メーカーに有利な場面が多くなることも予測されます。 品質管理の責任者は若くて真面目で、世界的にもレベルの高いVWの品質管理の考え方や最新技術をどん欲に吸収しようとする姿勢が凄かったです。

4
元々は中国のSNS「ウェイボー(微博)」上で拡散された3枚の宣伝画像と1枚の価格表(後日ニセモノと判明)で、それらは日本語で「紅旗 H9が2月に上陸する」と記されていました。

日本発売確定! 中国超高級車「紅旗・H9」 輸入元に直撃取材! 噂の真相とは

車 中国 高級

リチウムイオン電池の製造では世界で3位のシェアを持っているメーカーです。 政府は直ちに開発プロジェクトに着手し、米クライスラーの1955年型高級セダン「300レター」を分解して徹底的に模倣して初代「紅旗CA72」を完成させた。 X氏いわく、現在出回っている情報のなかには、事実無根のこともあるといいます。

今回の経緯を伺っているうちに紅旗の日本上陸は真実だとわかりました。

【紅旗・ホンチー】中国の最高級車が日本に初上陸!!!そのスペックは???

車 中国 高級

HONGQI(ホンチー・紅旗)は1953年に設立された中国で最初の自動車メーカー「中国第一汽車集団有限公司」(China FAW Group Co. 政府の「国産車奨励」も追い風になり、外資ブランドの公用車も相次いで「紅旗」に置き換えられているようだ。 そこで、世界最大の自動車市場を抱える国であることをテコとしては国内需要を伸ばし、世界市場の覇権を目指しているのです。

5
アメリカのラストベルト(デトロイトの荒廃)と同じことが名古屋で起きるかもしれないのにだ。 その後トヨタや日産、ホンダなどの日本車メーカーも現地の企業と合弁会社を設立し、中国市場に参入しました。