新たな道へ 15

より 小説 花 次 男子 2

そのくせ、目を閉じて、再び考えてしまうのは、先ほど別れたばかりの、牧野のこと。

20
」 「ああ。 そしてF4が、パーティーに現れた。

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (7ページ)

より 小説 花 次 男子 2

」 「佐伯?」 聞いたことがない名前だった。 」 つくしは、返す言葉がなかった。

12
司は、無言で頷いた。 「まさか、ガキじゃあるまいし、もう成長期じゃねえよ」 「それほど、久しぶりだってことよ。

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

より 小説 花 次 男子 2

わかるでしょ??何もかもが違うのよ。 「母さん、今日来た道明寺さんとのお付き合いは賛成できないの、、、」 「えっ??何で?だって、あんなに会うの楽しみにしてたし、実際、楽しかったでしょ?? 彼女、何かした??」 「彼女は、とても素敵な人だと思うわ、、、。

6
それは、どんな恋より、苦しくてつらいものに思えた。

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

より 小説 花 次 男子 2

で、何で君がここにいるの??」 あきらが突っ込んだ。

18
恥ずかしいから、さっさと仕事に戻るとかしなさいよ」 「だって今俺が離れたらきっと牧野どっかに行ってしまいそうだし」 そう言ってふんわり微笑む花沢類の表情にあきらめたつくしは 「・・・じゃあ、トイレの前で待たれるの恥ずかしいから ちょっと離れた所で待ってて」 「あい」 そう言ってそそくさとトイレの中へ入っていった 洗面所の前に立って、蛇口をにねる 自分の顔を鏡で見る 「ふぅ・・・すごい顔」 眼鏡を外し、流れる水を見ながらぱしゃぱしゃと顔を洗った 顔を拭いて一息ついたつくしは、トイレから出て 花沢類の姿を探した・・・が何度探しても花沢類の姿が無かった (なんだ・・待ってるって行ってたのに・・・ しょうがないか・・そもそも仕事でこっちに来てるんだし・・ 今はすごい偉い人なんだし・・・ はっ!!・・どうしよう・・・今気づいた・・ 今更だけど、佐々木さんたち置いてきちゃったよ・・・) そんなことを考えながらおろおろしていると 背後から『くっくっ・・』と笑う声がした つくしが振り向くとそこには腹を抱えて笑いをこらえている 花沢類の姿があった 「花沢類!!笑うな!!」 そう言ってもなかなか笑うことをやめてくれない 「じゃあ、もうずっと笑ってれば?」 つくしは花沢類の笑いを止めることを諦めた しばらくすると笑いも収まってきたのか 「あー本当久しぶりに笑った」 そう言って花沢類の笑顔をつくしに向けた 「あっそう!!よかったね(怒」 つくしは嫌味を言うように言ってやると 「だってさ、こんなに笑えたの4年ぶりなんだ・・・」 その言葉に少し罪悪感のあったつくしは言葉につまった 固まっているつくしの手を取り、花沢類は出版社の正面玄関へと向かった 手が繋がったまま、皆のいる前で歩いていく花沢類 出版社という性質上、周りが好奇の目でこちらを見ていた ひそひそ耳打ちしている姿があちこちで見られた それに気づいたつくしは、途端に青ざめ、花沢類の手を振りほどこうとした しかし、ぎゅっと握られている手は強く、離すことが出来なかった (どっどうしよう・・・また新聞とかで書かれちゃったら・・・) そんなつくしの不安をよそに、どんどん正面玄関に足が近づいていく その事がつくしにも分かり、花沢類に声をかけた 「ちょっ、ちょっと!!」 「なに?」 「どこ行くの?仕事は?私、佐々木さんたちの所に一旦戻らないと・・」 手を繋いだまま歩いていた花沢類がつくしの方を向いた 「大丈夫。

I MISS YOU花より男子2次小説

より 小説 花 次 男子 2

」 「へぇ。

もう、すでにわかっていたことなのに、何故だか悲しくて、少しだけ泣いた。

花より男子・二次小説・わがままな愛 ~つかつく~

より 小説 花 次 男子 2

ごめん。

12
確かに、道明寺司は「四年後に必ず迎えに行きます」そう言った。