門出・土佐日記 現代語訳・品詞分解・読み方

語 門出 訳 現代

日の沈みぎわ、たいそうひどく霧が立ち込めているところ、車に乗るにあたって家のほうを見やると、人目をしのんで参りつつ額づいていた、あの薬師仏がお立ちになっているのをお見捨て申し上げる悲しさに、人知れず泣けてきたのだ。 1911(明治44)年には「事実小説 書写の仇討」として、鷺城新聞でも連載されている。

宰相の伯嚭が「子胥は自分の策略が用いられなかったのを恥として恨んでいます。 ヒサギは棺おけの材料にすることができる。

土佐日記『門出』(1)現代語訳

語 門出 訳 現代

2月7日 『』 : 淀川を遡上。 この数年間親しく交際していた人々が、別れをつらく思って、一日中、あれこれしながら、大声で騒いでいるうちに、夜が更けてしまった。

12
「か」疑問の係助詞。

☆更級日記 「門出」原文と現代語訳と注釈: 『大学受験古文』

語 門出 訳 現代

「書写の仇討ちを果たした面々は世間からもてはやされ、石高も加増されるが、赤穂は全員が切腹の憂き目に。 左大臣光永です。 」 太宰伯嚭受越賂、説夫差赦越。

17
うれしい気持ちもあったのでしょうが、この章段では、長年住み慣れた土地を離れていくことの寂しさが語られています。 トンポリ、マンスプ…〈ダイヤモンド・オンライン〉 アエラドット 朝日新聞出版 - dot. 周囲の生垣など。

土佐日記(原文・現代語訳)

語 門出 訳 現代

…ない。

抉吾目、懸東門。

☆更級日記 「門出」原文と現代語訳と注釈: 『大学受験古文』

語 門出 訳 現代

夫差は姑蘇台に上り、同じように和議を越に願い出た。 たいそう心細いままに、等身大の薬師仏を作らせて、手洗いなどして、人目の無いときに密かに持仏堂に入って額づいて身を乗り出して、「京に早く上がれますように。

9
多くは上下二枚に分かれ、下一枚は固定しね上一枚は棒で吊り上げられるようになっている。 ただ写すだけではだめですよ。

門出(土佐日記):現代語訳とくわしい解説(解説動画付き)・・・井出進学塾〔富士宮教材開発〕|井出進学塾(富士宮教材開発)公式ブログ|note

語 門出 訳 現代

1月13日 続 『』 : 天候不順で室津に停泊。 周の敬王の二十六年に、夫差は越を夫椒で敗った。 子胥復事之。

14
もう少し先までなら、 「いよいよ長旅となる前に、 まずいったん仮住まいとして「いまたち」というところに引っ越した。 」 周敬王二十六年、夫差敗越于夫椒。

土佐日記(原文・現代語訳)

語 門出 訳 現代

14 東と西は海が近くて、景色がとても美しい。

6
和歌を主人も客も、そのほかの人もよみあった。 それの年の十二月の二十日あまり一日の戌の刻に、門出す。

更級日記「門出」

語 門出 訳 現代

夫差はあだを討つことを志した。 2月5日 続 『』 : 遭難の回避を住吉の明神に祈る。

13
承平4年(934)年12月21日に、国守として赴任した土佐を出発し、翌年2月16日に、京の自宅に帰るまでの出来事を、和歌を交えながら記した。 義士らにとっては誤算だったのでは」と想像を膨らませる。