オランダの環境団体「The Ocean Cleanup」 河川のプラスチックごみを回収する「Interceptor™」を展開

スラット ボイ ヤン

ボイヤン・スラットが旅行でギリシャを訪れた際、青々として澄んだ海がプラスチックのゴミに覆われている光景に大きなショックを受け、これらのプラスチックごみをどのように回収できるかすぐに実験に取りかかったそうです。

スラットさんの回収計画について専門家の意見は正しいのでしょうが、ようやくマイクロプラスチック問題に国際社会が騒ぎ出し始めるより前に、専門でもない資金もない若者が敢然と挑戦するということは若さの特権だと思います。

海のプラスチックごみ問題が深刻化!もはや手遅れ?→いいえ、実はこんな方法が…

スラット ボイ ヤン

しかし、これらのごみがどれほど大きな影響を及ぼしているのか、正確な資料はありません。 ラリー自身も、突然夜中に、のちに「Google」となる膨大な検索エンジンができたらいいなと思いついたという。 同国政府からもサポートを受け、社会起業家として大きな注目を集めているが、彼のゴールはそこではない。

1
私たちの取り組みがそのモデルになりたいと思っています。

【島News】対馬島とオランダのNPO団体が提携。2016年夏以降に大規模な海洋ゴミ回収を計画|ritokei(離島経済新聞)

スラット ボイ ヤン

具体的には、2022年までにポリ袋やプラスチック製のカップ、小型ペットボトル、ストローなど6品目の製造・使用・輸入を全国的に禁止にすると宣言したのです。

19
【地域ESD拠点】仙台高専の生徒向けにSDGsオンライン授業を実施 木, 12 11月 2020 エコロジーオンラインオープンミーティングを始めます。

ボイヤン・スラット、巨大バリアで海のプラスチックゴミ収集目指す24歳の天才発明家

スラット ボイ ヤン

なお、各投資ポーションの目標利回りは、これらの諸費用を控除した後のものとなります。 ことしの元日の NHKスペシャル「10 Years After 未来への分岐点」ではボイヤンさんと中継を結んで、あらためて脱プラスチックに挑む新年の決意を聞きました。

あまりの細かさに回収は不可能と言われていますが、細かくなる前のプラごみを回収しようというプロジェクトが始まりました。 引用元: 具体的な行動をしている彼じゃなく、なぜアノ人が? だから、「なぜ、ボイヤン・スラット氏ではないのか?」なのです。

あの失敗した「海洋清掃マシン」が新たな舞台で復活。東南アジアの河川でプラスティックごみを回収へ

スラット ボイ ヤン

すぐに行動できないことは「無意味」 日本にも、思い立って即行動に移した異端児がいる。 オーシャン・クリーンアップ創業者兼CEO。

作業開始に合わせて配信された特別ライブのインタビューコメントから彼の興奮が伝わってきます。 このシステムについて、スラットさんは、世界的な講演会「TED Conference」でプレゼン。

18歳の青年が考えたアイディアが海を救う!?世界的プラゴミ回収プロジェクトが始動

スラット ボイ ヤン

その問題に国内でいち早く注目し、警鐘を鳴らすべく、著書『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』(山と渓谷社)を出版したNHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサーの堅達京子(げんだつきょうこ)さんに、海洋プラスチックに関する世界の情勢や今後日本が取り組むべき課題などを聞きました。 中国もインドも、脱プラスチックに動きだした! こうしたなか1月19日、驚くべきニュースが飛び込んできました。 そして、そのアイデアをすぐに教授に話し、そこから膨大な時間をその制作に費やした。

19
The Pacific Trial phase has begun. 市民の力で変えていこう」と呼びかけ、会場からは大きな拍手が起きました。